2014年08月31日

P-32 後継モデル 

dai02166.jpg

アメリカの「Fostoria」社のMachine Lampです。

以前コチラでも紹介した現在販売されている現行品のFostoria社のランプです。

シェードは細長い形をしたモデル「U-231」が有名(?)ですが、このランプは以前コチラで紹介した「No.P-32」というモデルのシェードの後継モデルだと思われます。

塗装はオリジナルのグレー色で、アームの間接部分にはしっかりと固定できるように蝶ネジのような役割の大きな黒いレバー付き、ベース部分は古いモデルにも使われていたL字型でボルトを通す穴が4箇所あるタイプです。

スイッチは以前まではソケットと一体系の捻るタイプや押してON/OFFを切り替えるタイプでしたが、現在はこのランプのように家庭の電気のようにパチンと押すタイプの四角スイッチに統一されています。
posted by dai at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のLamp 

2014年07月10日

グラファイト?

dai02165.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のDesk Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)が2本付いた、ジンプルなジェルデのデスクランプです。

ベース部分にはクランプが付いたタイプで、現在日本で販売されている現行の「Loft」と同じ仕様のランプです。

オリジナルの元の塗装は剥がされ、アルミ部分の「表面の凸凹」のスジや巣穴をわざと残して、やや荒めの艶消しにポリッシュしてあります。

錆び易いスチール部分(シェード・アームの棒部分)は防錆の為に「黒染め」されているようですが、もしかすると以前コチラで紹介したようなグラファイト塗装なのかも知れません。

近くで見るとスチール部分とアルミ部分の色味が異なり、2トーンカラーのように見えます。

ちなみに古い金属製のタグは「歴代タグ」の中段・右側と同じ青タグが付いています。
posted by dai at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde 2
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。