2014年08月31日

P-32 後継モデル 

dai02166.jpg

アメリカの「Fostoria」社のMachine Lampです。

以前コチラでも紹介した現在販売されている現行品のFostoria社のランプです。

シェードは細長い形をしたモデル「U-231」が有名(?)ですが、このランプは以前コチラで紹介した「No.P-32」というモデルのシェードの後継モデルだと思われます。

塗装はオリジナルのグレー色で、アームの間接部分にはしっかりと固定できるように蝶ネジのような役割の大きな黒いレバー付き、ベース部分は古いモデルにも使われていたL字型でボルトを通す穴が4箇所あるタイプです。

スイッチは以前まではソケットと一体系の捻るタイプや押してON/OFFを切り替えるタイプでしたが、現在はこのランプのように家庭の電気のようにパチンと押すタイプの四角スイッチに統一されています。
posted by dai at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のLamp 

2014年07月10日

グラファイト?

dai02165.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のDesk Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)が2本付いた、ジンプルなジェルデのデスクランプです。

ベース部分にはクランプが付いたタイプで、現在日本で販売されている現行の「Loft」と同じ仕様のランプです。

オリジナルの元の塗装は剥がされ、アルミ部分の「表面の凸凹」のスジや巣穴をわざと残して、やや荒めの艶消しにポリッシュしてあります。

錆び易いスチール部分(シェード・アームの棒部分)は防錆の為に「黒染め」されているようですが、もしかすると以前コチラで紹介したようなグラファイト塗装なのかも知れません。

近くで見るとスチール部分とアルミ部分の色味が異なり、2トーンカラーのように見えます。

ちなみに古い金属製のタグは「歴代タグ」の中段・右側と同じ青タグが付いています。
posted by dai at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde 2

2014年06月08日

オーシーホワイト

dai02164.jpg

アメリカの古い『O.C. White』社のWall Lampです。
たぶん1930年代頃のものだと思います。

ベースの形状(縦型・細め・4個所を直接固定するタイプ)から、おそらく壁掛け用のWall Lampとして作られたランプになると思います。

もちろん机などに直接ボルトで固定してデスクランプとしても使用可能。

ベース部分とアームの繋ぎ目には、古い「O.C. White」社のランプの特徴である球状のネジ、アームは伸縮するタイプではありませんが、間接部分(球状のネジ)をスライドさせて、2本のアームをそれぞれ好みの位置で固定できるようになっています。

ちなみに濃いグリーンのシェードは電球の上にちょこんと被さる程度の大きさで、ソケットは「HUBBELL」社のものが使われています。
posted by dai at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のLamp 

2014年05月24日

豪華な6本

dai02163.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のFloor Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)が豪華にも6本も付いた、ジェルデのフロアランプです。

個人的には日本の一般的な住宅で使うことを考えると5本アームが良いと思いますが、アームを折りたたんだ状態では6本アームが見た目のバランスが優れていると思います。

オリジナルの元の塗装は剥がされ、アルミ部分の「表面の凸凹」のスジや巣穴をわざと残して、やや荒めの艶消しにポリッシュ。

以前コチラで紹介したジェルデと同様に、スチール部分(シェード・アームの棒部分)と王道のブレーキディスクのみ防錆びの為に薄く「黒染め」されています。

ちなみに古い金属製のタグは「歴代タグ」の上段と同じ初期の緑タグですが、タグの両端にあるリベットがオリジナルよりも大きく、過去に付け替えられたタグだとわかります。
posted by dai at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde 2

2014年05月16日

スイッチの謎

dai02162.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のWall Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

アーム無しのシンプルな壁掛けタイプのジェルデ・ランプです。

スチールのシェードは錆だらけで塗装(オリジナルはGreen water)がほとんど残っておらず、アルミの間接部分やベースは塗装を剥がして艶消しにポリッシュしてあります。

ベースに付いているスイッチは故障したようで、別の箇所に穴あけ・市販のスイッチで改造してあるようです。

何故元のスイッチを外さず、わざわざわ別の場所に穴を開けスイッチを付け足したのかは不明です。

ちなみにシェードの首部分(間接)にもスイッチを付ける為のオリジナルの穴がありますが、現在はゴムのキャップで穴を塞いであります。

古いジェルデには稀に「スイッチの穴」がシェードの首部分とベースの2箇所にある場合がありますが、おそらくオリジナルではなく、別のジェルデ同士を組み合わせてカスタムされたものだと思います。
posted by dai at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde 2
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。