2010年12月27日

FARIESカスタム?

dai01911.jpg

アメリカの『FARIES FIXTURES』社のDesk Lampです。
たぶん1920〜30年代頃のものだと思います。

ベースやアームなどは以前紹介した『FARIES FIXTURES』社の「1012モデル」などのもので、たぶんシェードはオリジナルのものではなく、あとから付け替えてカスタムしてあるランプだと思います。

ソケットの先端に付いている丸い金具は本来ペンダントランプ用のシェードを取り付ける際に使うもので、普通はデスクランプには付いていません。

おそらくグリーンのシェードは元々はペンダントランプのものだと思います。

ちなみにペンダントランプ用のシェードを取り付ける際に使う丸い金具には側面に3箇所穴があり、ボルトで固定できるようになっています。

シェードの上部に淵があるタイプや穴が開いているタイプであれば別のシェードに交換することも可能です。
posted by dai at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のLamp 

2010年12月25日

Polo風のランプ

dai01910.jpg

古いドイツのメーカー不明のDesk Lampです。
たぶん1940〜60年代頃のものだと思います。

1928年にクリスチャン・デル(Christian Dell)がデザインした「Polo Popular」のランプに似ていますが、このランプのメ−カー名やデザイナーなど詳しいことは不明です。

シェードとアームの間接部分は蝶ネジでしっかり固定できるタイプで、ベースとアームの付け根はボールベアリング風(?)になっていて、とてもシンプルですが機能的なランプです。

あとベース部分に付いている若干チープに見えるスイッチはたぶんベークライト製だと思われます。

ちなみに重厚感があるように見せる為か、古いドイツのランプによく見られるベース部分だけがザラッとした仕上げがしてあります。
posted by dai at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のLamp 

2010年12月21日

鉄のみ黒染め

dai01909.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のDesk Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)が2本付いたジェルデのデスクランプです。

オリジナルの元の塗装を剥がして少し粗めの半艶にポリッシュされていて、スチール部分(シェードとアームの棒部分)と後付けのベース(ブレーキディスク)のみ「黒染め」されています。

個人的には黒染めする場合には色が少し残る程度の仕上がりが好みですが、このランプは黒染めした後にほとんど研磨されておらず青黒くなっています。

錆びやすいスチール部分のみ防錆のために黒染めされているのかも知れませんが、アルミ剥き出しとスチール部分の黒染めで2トーンになっています。

ちなみに黒染め液にはいくつか種類があり、スーパーブルーなどの鉄用の液ではアルミは染まりません。アルミブラックなどのアルミ専用の液が必要です。
posted by dai at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde

2010年12月19日

ライトグリーン

dai01908.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のWall Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

アーム無しのシンプルな壁掛けタイプのジェルデ・ランプです。

オリジナルの元の塗装は過去に一度剥がされているようで、古いジェルデで一番多い薄いグリーン系の色よりも明るめなライトグリーン(?)にリペイントされています。

タグは以前コチラでも紹介した『FLUREX』社とのダブルネームで、古いジェルデに付いている「歴代タグ」のなかでもたぶん一番珍しいタグになると思います。

ちなみにソケットはオリジナルのものではなく、以前コチラで紹介したようなやり方で一般的なネジ込み式のものに交換されています。チープな黒いプラスチック製のソケットで見た目はよくありません。
posted by dai at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde

2010年12月16日

ウレタンクリア

dai01907.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のDesk Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアームの約半分の長さのショートアーム(ボルトを通す穴から穴までが約25cm)が3本付いたジェルデのデスクランプです。

オリジナルの元の塗装は剥がされピカピカの鏡面にポリッシュ、表面には防錆のためにクリア塗装(ウレタン)がしてあります。

鏡面を維持するには定期的にホワイトダイヤモンド∇メタルポリッシュなどで磨くのが一番ですが、磨く手間を考えるとクリア塗装もおすすめです。

但し遠目で見るとメッキ並に綺麗に見えますが、クリア塗装することで少し艶が引けてしまいます。艶に関してはやはりバフ掛け直後の磨きたてには適いません。

ちなみにクリアはラッカー系とウレタン系がありますが、安価なラッカー系よりも塗膜が強くて美しいISAMU イサム塗料エアーウレタンなどがおすすめです。あと下地が鏡面の場合、密着が弱く塗装ののりが悪いのでミッチャクロンなどのプライマーは必要です。
posted by dai at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。