2011年01月31日

アームの長さを改造?

dai01922.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のDesk Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアームよりも少し長いアーム(ボルトを通す穴から穴までが約60cm)が1本だけ付いたジェルデのデスクランプです。

以前コチラで紹介したランプの普通の長さのアーム(40cm)はあとから故意に曲げられていましたが、このランプのアームは綺麗に曲がっています。

但しこのアームが本当にオリジナルのものどうかは不明です。このランプの場合はタグも付け替えてあるのでアームもかなり怪しいです。

しかも最近ではアームの間接部分(アルミ)を抜き取り、例えば40cmアームを120cmアームに改造したりして、アームの棒部分(スチール)の長さを変えて販売しているところもあるようです。

この改造さえできればオリジナルと同じ太さの鉄パイプさえあれば、あとはショートアーム(25cm)や長いアーム(120cm)など自由にアームの長さを変更することができます。

ただ間接部分は一番負荷が掛かり易い部分なので、果たしてオリジナルと同じ強度があるのかは疑問です。

ちなみにこの曲がったアームは昔はカスタムオーダーができたようで、現在では「Loft C60001」という型番で海外では販売されているようです。
posted by dai at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde

2011年01月27日

気品のあるランプ

dai01921.jpg

古いアメリカのメーカー不明のWall Lampです。
たぶん1920〜40年代頃のものだと思います。

シェードは電球の上にちょこんと被さる程度の大きさでアメリカの古いランプに稀に見られる形ですが、装飾の凝ったベースやアームの形がとても珍しいランプです。

アームやベースは何らかのパーツを流用して自作されたもののようにも見えますが、古い家具の本にも掲載されているように完全なオリジナル品です。

以前紹介した『O.C. White』『Fostoria』社のランプはいかにも工業用ですが、ベースとアームのデザインが変わるだけで気品のあるランプ(?)になっていると思います。

ちなみにアームやベースの稼動部分も多いので機能的にも優れたランプです。
posted by dai at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のLamp 

2011年01月25日

青色のタグ

dai01920.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のDesk Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)が2本付いたジェルデのデスクランプです。

塗装はオリジナルの「Granite Gray?」で、アームやベースに比べるとシェードが若干色褪せしているのがわかると思います。

シェードの右上辺りに凹みがあるのは残念ですが、少量の錆びや白いペンキの汚れなどとても良い雰囲気になっていると思います。

ちなみにこのランプには金属製のプレ−トタグは青色のものが付いています。個人的にはこのランプのように「Granite Gray?」と青タグの組み合わせが好きです。
posted by dai at 20:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | Jielde

2011年01月22日

Brass Lamp

dai01919.jpg

アメリカの『FARIES FIXTURES』社のDesk Lampです。
たぶん1920〜30年代頃のものだと思います。
モデルナンバーは1012。

以前コチラでも紹介した「FARIES FIXTURES」社の「1012」モデルです。

経年による変色・味の出方はBrass(真鍮)製ならではのもので、表面が黒ずむことで重厚感が増しとても良い雰囲気になっていると思います。

間接部分はしっかり固定できるようにネジ式になっていますが、以前紹介したような蝶ネジではなく、このランプには棒状(バー)のものが付いています。

詳しいことはわかりませんが、この辺りのパーツは同じモデルでも年代によって違い(変更)があるようです。

ちなみにBrass(真鍮)製の間接部分はあまり力強く締めすぎたりすると曲がったりしてダメージを受けやすいので注意が必要です。
posted by dai at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のLamp 

2011年01月20日

Jielde FRANCE

dai01918.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のDesk Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)が2本付いたシンプルなタイプで、希少な「Lamp Cover」も付いたデッドストック品です。

タグは金属製のプレートタイプではありませんが、以前コチラで紹介した左側と同じもので「Jielde FRANCE」とだけ書かれているシンプルなタグです。シールタイプの中では珍しいタグになると思います。

ちなみに現行品は黒いスイッチで間接部分のワッシャーやボルトも黒いものが付いていますが、このランプはスイッチ以外のワッシャーやボルトは普通の銀色です。

タグが金属製のプレートタイプからシールタイプに変わったあとの後半辺りからこのタイプ(黒いスイッチ・ワッシャーとボルトは銀色)になるようです。
posted by dai at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。