2011年03月31日

鉄アレイ

dai01943.jpg

古いドイツのメーカー不明のDesk Lampです。
たぶん1950〜70年代頃のものだと思います。

同じドイツのカイザー(kaiser)社のランプに近いデザインのシンプルなランプです。

シェードとベースの間接部分はkaiser社と似たボールベアリング風(?)ですが、アームの間接部分の繫ぎ目がそれぞれ個別にボールベアリング(横から見ると鉄アレイのような形)になっているものは珍しく特徴的だと思います。

小さい丸型のベースには白いスイッチが付いていて、2箇所をビスで机や壁などに直接固定するタイプです。

ちなみに現在は四角いチーク材のような木材に固定してありますが、重量があまりないのでベースとして使うにはやや不安定です。自作のベースを付ける場合にはスチールかせめてアルミなどである程度の大きさ・重みがあるものが好ましいようです。
posted by dai at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のLamp 

2011年03月28日

銀のジェルデ

dai01942.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のWall Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

アーム無しのシンプルな壁掛けタイプのジェルデ・ランプです。

オリジナルの元の塗装は剥がされピカピカの鏡面にポリッシュ、シェードの内側も綺麗に白に再塗装されています。

3箇所にボルトを通す穴のある普通のベースの下には「コードを通す穴が開いたベース」が付けられていますが、穴にプラスチックのキャップや真鍮製の配管用の継手(?)を付けてカスタムしてあります。

ちなみにこのコードを通す穴が開いたベースはアルミ製で、中もほとんど空洞なので重さはさほどありません。この状態でシェードを真横に倒すと簡単に倒れてしまいます。但し中に固定用の穴が開いているので机や壁などに直接固定することができます。

普通のベースだけのジェルデもぽってりしていて可愛いですが、ベースを下に付け足すだけで若干ですがスマートに見えると思います。
posted by dai at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde

2011年03月25日

シェードの大きさ

dai01941.jpg

フランスのGRAS/RAVELランプです。
モデルナンバーはN°202。
刻印はGRAS。

オリジナルの塗装の上から所々リペイントされているようですが、とても良い状態のGRAS/RAVELランプです。

以前紹介した「N°222」とはベースのボールジョイント部分の穴の開き具合(?)が違っているのがわかると思います。

以前コチラで紹介した1922年当時のカタログのイラストを見ると、本来はこの「N°202」は机などに固定するタイプで、「N°222」が壁に固定するタイプになるようです。もちろん逆でも使えますがイラスト通りの方が使い勝手は良いようです。

ちなみにこのランプのシェードはスタンダードな「N°1054」(直径約14.5cm)ですが、この「N°1054」よりも少し小さい「N°1056」(直径約12cm)という希少だけど判り難い(?)シェードもあるようです。円錐型の三角シェード「N°1055」(直径約20.5cm)よりも珍しいシェードになるのかも知れません。
posted by dai at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | GRAS RAVEL

2011年03月21日

エイジング加工

dai01940.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のWall Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

アーム無しのシンプルな壁掛けタイプのジェルデ・ランプです。

オリジナルの元の塗装は剥がされ、アルミ部分の巣穴やスジなどの「表面の凸凹」をあえて残してやや粗めの艶消しにポリッシュされています。

もちろん経年変化ではアルミ部分がここまで黒く変色することはないので、一旦「黒染め」された後に所々色を落として長年使い込んだような雰囲気に仕上げてあります。

黒染めされたジェルデに古い金属製のプレートタグも通称・黒タグ(?)で、唯一スイッチの金色(真鍮)がアクセントになっていてとても良い雰囲気のランプだと思います。
posted by dai at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde

2011年03月18日

一刻も早い復旧を!

dai01939.jpg

地震・津波の発生から1週間が経過しました。

あらためて被害に遭われた方々に心よりお見舞いを申し上げます。

現在も懸命な救助・復旧作業が続けられていますが、被災地では深刻なガソリン不足や
さらには放射能漏れなど事態はかなり深刻です。

本当に一刻も早い復旧をお祈りいたしております。


私にできることは少なく、小額ではありますが義援金を寄付させて頂きました。

あと献血にも行こうと思っていますが、現在行列ができるほど献血希望者がいるそうです。

被害に遭われた方々、たくさんの人が救いたいと心から願っています。
posted by dai at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。