2011年05月31日

フルオリジナル

dai01963.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のDesk Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)が2本付いたジェルデのデスクランプです。

塗装はオリジナルのもので古いジェルデでたぶん一番良く見る薄いグリーン系のカラー、古い金属製のプレートタグは歴代タグの中段の右側と同じ青タグ(?)で、両端のリベットを見ても付け替えられた形跡はありません。

シェードとアームの棒部分のスチール部分に若干錆びがありますが、最近では珍しいフルオリジナルでとても良い状態のランプだと思います。

使い込むことでスイッチのメッキが剥がれて徐々にくすんだ金色に、シェードの内側は最初は綺麗な白色ですが経年による電球の熱などでクリーム色になり良い雰囲気になっています。

古いジェルデは元の塗装を剥がしてメタル剥き出しにしてカスタムしたものや、最近ではタグを付け替えたものも多いので、当たり前ですがフルオリジナルのものは年々少なくなっています。
posted by dai at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde

2011年05月28日

ハンマー仕上げ?

dai01962.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のDesk Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)が2本が付いたジェルデ・ランプです。

オリジナルの元の塗装は剥がされ半艶にポリッシュ、ベース部分には王道のブレーキディスク(黒染め)を付けてカスタムしてあります。

珍しいのがシェードやアームの棒部分のスチールで、以前コチラで紹介したジェルデの限定「Hammer tone」仕上げのようにハンマーで細かく叩いたような質感が出ています。

塗装を剥がした場合、間接部分やベースなどのアルミ部分には巣穴やスジなどの表面の凸凹はありますが、普通スチール部分にはこのような凸凹はありません。たぶんコンクリートの上などでガリガリやってわざと傷を付けられたものだと思いますが詳しくは不明です。

ちなみにこのランプのタグは歴代タグの上段のジェルデ初期の頃のタグですが、付け替えられたタグです。オリジナルのリベットと比べると形が少し大きく先端も尖っています。
posted by dai at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde

2011年05月25日

これはこれで

dai01961.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のDesk Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)が2本が付いたジェルデ・ランプです。

ベース部分には以前コチラで紹介した壁掛け専用のパーツ(コードを通す穴なし)が付いています。

塗装はオリジナルで古いジェルデでたぶん一番多い薄いグリーン系の色ですが、シェードやアームの棒部分のスチール部分の塗装だけが錆びのせいで剥がれてしまっています。

このジェルデが野外で使われていたのかどうかは分かりませんが、たぶん長い間雨ざらしにされていたのだと思います。

スチール部分のみが錆びていて、残りの間接部分やベースのアルミ部分だけは錆びておらず、見事な2トーン調(?)になっていますが、これはこれで味があって良い雰囲気にはなっています。

ちなみにシェード周りのリングはスチール製ですが、オリジナルの耐熱性のあるゴムのような特殊な塗料でコーティングされているので錆びてはいません。このリングが金色のものは意外と珍しいと思います。
posted by dai at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde

2011年05月22日

スジや巣穴

dai01960.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のFloor Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)が5本付いたジェルデのフロアランプです。

オリジナルの元の塗装を剥がして艶消しにポリッシュ、ベース部分には王道のブレーキディスクを付けてカスタムしてあります。

アルミ部分のスジや巣穴などの表面の凸凹はあえて少し残してあるようで、アームの間接部分のスジは消され、シェードの首部分(ソケットが付いているパーツ)のスジは綺麗に残されています。

個人的には黒染めや艶消しにポリッシュしたランプには、スジや巣穴などの表面の凸凹を残してある方がより金属らしい質感が出て良い雰囲気にはなると思います。逆に鏡面の場合には無い方が綺麗です。

ちなみにこのランプのタグは大きいリベットではありませんが、付け替えられたタグになります。オリジナルと比べるとリベットが少し大きくて形も先端が尖っています。
posted by dai at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde

2011年05月19日

Kandem 似

dai01959.jpg

古いドイツのメーカー不明のDesk Lampです。
たぶん1940〜50年代頃のものだと思います。

メーカーは不明ですが、同じドイツのカンデム(Kandem)社のモデルナンバー「Nr.967」に似たデザインのランプです。

特にシェードとアームの付け根の間接部分やシェードの頭のネジで中のソケットを固定する仕組み(?)など「Nr.967」とほとんど同じなので、たぶんKandem社のランプを真似(研究?)して作られたランプのようです。

さすがにベースの形は似ていませんが、ベースが丸くなっただけでKandem社とは随分雰囲気が違います。個人的にはこの丸いベースならアームの付け根を端の方でなくセンターにした方がバランスは良かったと思います。

ちなみにこの摘みを捻るタイプのスイッチは意外と壊れ易い部分です。この年代の摘みは現在のような良質なプラスチックではなく、ほとんどがベークライト製です。経年による素材自体の退化もあるとは思いますが、ベークライトは脆く強度がないなどの欠点があります。
posted by dai at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のLamp 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。