2011年12月30日

強烈な色味?

dai02022.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のFloor Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)が合計4本付いたジェルデのフロアランプです。

塗装はオリジナルのものでたぶん古いジェルデで一番多い薄いグリーン系の色、シェードやアームの一部に上から少し濃い目のグリーンでリペイントされています。

全体的に錆びやオイル汚れなどがあり、特にアームの棒部分の塗装はほとんど残っていません。長い年月実際に工場などの作業場で使われていたようで、かなり強烈な色味(?)で独特な雰囲気になっていると思います。

間接やベースのアルミ部分とシェードやアームの棒部分のスチールとでは、経年による塗装のヤレ具合がまったく違っているのも特徴です。

実際にはオイル汚れなどもあるので現状のまま使うのは衛生上にもあまり良くありませんが、ここまで味が出て凄い風合いになると下手に手入れをするのも勿体無い気さえするから不思議です。
posted by dai at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde 2

2011年12月28日

アールデコ調

dai02021.jpg

古いアメリカのメーカー不明のWall Lampです。
たぶん1920〜40年代頃のものだと思います。

ちょこんと被さる程度の大きさのシェードにアールデコ調(?)のアームが付いたランプで、以前コチラで紹介したランプにとても良く似ています。

メーカー名は不明でしたが、たぶんどちらのランプも「FARIES FIXTURES」社の初期の頃のランプになるようです。

但しこのランプのソケットにはペンダントランプなどに使われている丸い金具が付いているので、ソケットとシェードはたぶんオリジナルのものではないと思います。

アームの曲線はとても綺麗で優雅ですが、間接部分がないので角度調整などは出来ず決して機能的ではありません。唯一ベース部分のみ横に180℃動かすことが可能です。、

もしかすると以前紹介した右側の古いカタログに写っているような、きちんとしたベースが本来はあったのかも知れません。
posted by dai at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のLamp 

2011年12月24日

ショート寸前

dai02020.jpg

古いアメリカのメーカー不明のDesk Lampです。
たぶん1950〜60年代頃のものだと思います。

メーカー名は不明ですが、以前コチラで紹介した同じアメリカのイーグル(EAGLE)社にとても良く似た形をしているランプです。

アームは自由に角度や向きの調整が出来る蛇腹状のグースネックアームで、ベースは見た目も重厚感のあるキャストアイアン製になります。

EAGLE社のランプのベースにはペンを置けるように溝がありましたが、このランプのベースにも両端に溝があり、真ん中付近には窪みもあるのでペン&小物なども置けるようになっています。

ちなみに個人的にとても危険だと思ったのが右端に写っている電源プラグ(たぶんオリジナル)です。2本の銅線をそれぞれ捻って(−)ネジで固定してありますが、捻れが解けて互いの銅線同士が接触してショートする寸前の状態になっています。

銅線同士が触れてショートすると火花が出てプラグやコードが燃えたりするので、最悪火事になる可能性もあります。

古いランプにはこのタイプの電源プラグが付いた物がありますが、形もあまり格好良いものではないのでこの際にプラグ自体を交換されることをおすすめします。現在一般的に販売されているプラグには真ん中に仕切りがあるので銅線同士が接触してショートしない作りになっています。
posted by dai at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のLamp 

2011年12月21日

Fostoria+丸ベース

dai02019.jpg

アメリカの「Fostoria」社のMachine Lampです。
たぶん1950〜60年代頃のものだと思います。

このランプと全く同じ形をしたランプでブランド名だけが違うものがありますが、「Dayton」・工具などでも有名な「CRAFTSMAN」・「SEARS ROEBUCK」の内、このランプのメーカー名は不明です。

いずれにしても製造元はたぶん「Fostoria」社になると思われます。

オリジナルの元の塗装を剥がしてメタル(スチール)剥き出しに、ベース部分は縦長の2箇所にボルトを通す穴のあるタイプですが、別のランプの丸いベースを移植してカスタムされているようです。

表面は防錆びの為のクリア塗装はされておらず、薄っすらと錆びが出始めていて表面も少し黒っぽく変色し始めています。

もちろんスチール剥き出しの状態なのでこのまま濡れた手で触ればあっという間に錆びてしまいます。定期的にワックスを掛けたりするメンテナンスは必要になりますが、クリア塗装をするよりもこちらの方が経年による味は出易くなります。

ちなみに塗装がしてある場合でも定期的にワックスを掛けてやる方が良い状態を長くキープできます。
posted by dai at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のLamp 

2011年12月18日

味の出過ぎ

dai02018.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のDesk Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)が2本付いたシンプルなジェルデのデスクランプです。

塗装はオリジナルのものでたぶん古いジェルデで一番よく見る薄いグリーン系のカラーです。

間接などのアルミ部分と比べるとシェードやアームの棒部分のスチール部分だけが錆びているのがわかります。特にシェードは水で濡れたまましばらく放置してあったかのように錆びだらけで、タグの周り以外はほとんど塗装が残っていない状態です。

確かに古いランプならではの独特な雰囲気はありますが味の出過ぎ(?)で、個人的にはこのまま使う気にはなりません。錆びが進行するとやがてスチール部分が腐食して穴が開いたりする場合もあります。

いくら塗装がしてあっても水分は厳禁で濡れたまま放置しないのが鉄則です。定期的にワックスを掛けて表面をコーティングしてやるのが良い状態のまま長持ちできる秘訣です。
posted by dai at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde 2
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。