2012年02月29日

「矢」ランプ

dai02038.jpg

古いアメリカのメーカー不明のDesk Lampです。
たぶん1940年代頃のものだと思います。

メーカーは不明ですが、アーム部分に「矢」のような装飾を施された、とても重厚感のあるランプです。

素材は銅製(Copper)かもしくは銅めっきで、ベース部分の下側のみ重量のあるキャストアイアン製になるようです。

経年により表面の一部には銅特有の錆び(緑青)が出ていて、色味も深みのあるダークブラウンに変色しています。ソケットの真鍮(Brass)とは経年による変色具合が全く違います。

ちなみにランプとは関係ありませんが、明治8年創業の日本で一番古い歴史を持つ手づくり茶筒の老舗、京都の「開化堂」はご存知でしょうか。

銅・ブリキ・真鍮を使って古くは茶筒、現在ではパスタ缶や珈琲缶などを作っているメーカーですが、老舗だけに長年使い込まれた経年による各素材の色変化が大変参考になると思います。

茶筒 開化堂 銅製


posted by dai at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のLamp 

2012年02月27日

1950年代初期

dai02037.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のDesk Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)が2本が付いた、フランスのジェルデ・ランプです。

塗装はオリジナルのもので、たぶん古いジェルデで一番よく見る薄いグリーン色(現・Green water)です。

3箇所にボルトを通す穴のある普通のベースの下には「コードを通す穴が開いたベース」が付けられていますが、普通のベースには溝が加工されているので一番下のベースのみあとから別の同色のジェルデから移植された物のようです。

タグは「歴代タグ」の上段と同じジェルデ初期のタグで塗装もオリジナル、経年による錆びや汚れなどがありますが1950年代のジェルデの初期のランプになると思います。

ちなみにシェードの首の付け根(ソケットが付いた部分)のパーツは普通のものよりも少し短い意外と珍しいショートタイプです。普通のものよりも短い分くびれが強調されるので、アーム無しやショートアームとの方が相性は良いようです。
posted by dai at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde 2

2012年02月23日

「AJUSCO」?

dai02036.jpg

古いアメリカのメーカー不明のDesk Lampです。
たぶん1940〜50年代頃のものだと思います。

アームの間接部分は「FARIES」社のランプなどと同じでしっかり固定できる蝶ネジタイプで、丸いベース部分は4個所にボルトを通す穴のある机や壁などに直接固定するタイプです。

特徴的なのがシェードの形で、緩く絶妙にカーブしたベル型シェードです。

全体的に塗装(ダークブラウン)の剥がれや錆びなどで刻印の類はありませんが、アームとベース部分の形からすると、恐らく「AJUSCO」社のランプになると思われます。

但し「AJUSCO」のランプでこのベル型のシェードが付いたものは「?」で、とても希少で珍しいモデルになるか、シェードのみ別のランプから移植してカスタムされたものになるのかも知れません。

古いランプはシェードをソケット部分ごと交換された物も多くあり、有名メーカー以外は本当にオリジナルのシェードかどうか判断し難いのが現状です。最近ではGRAS/RAVELランプのオリジナルではないシェードが付いた物もよく見掛けます。

ちなみに以前コチラで紹介した工業用ランプが「AJUSCO」社のランプのオリジナルになるようです。
posted by dai at 19:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のLamp 

2012年02月19日

鉄<銅

dai02035.jpg

古いアメリカのメーカー不明のClip Lampです。
たぶん1940〜60年代頃のものだと思います。

日本製の古いランプにもあるようなベース部分がクリップ式の小さいランプです。

挟むクリップ部分が丸く形成してあるので、平らな物から丸いパイプのような物まである程度の厚みまで固定できるようになっています。

ランプ自体は真鍮製(Brass)のようにも見えますが、銅製(Copper)かもしくは銅めっき製だと思われます。

ちなみに銅は経年変化という点では鉄よりも優れた金属になります。

鉄は経年により錆び始めると素材自体が退化して脆くなりますが、銅の錆び(緑青)は表面に付着するだけなので下地の銅自体は退化しません。

逆に一度できた錆び(緑青)は銅を保護する役割を果たし強度が増すとも言われています。
posted by dai at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のLamp 

2012年02月15日

切れ込み

dai02034.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のDesk Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)が1本、約半分の長さのショートアーム(ボルトを通す穴から穴までが約25cm)が1本付いた、合計2本アームのジェルデのデスクランプです。

オリジナルの元の塗装(グリーン)は剥がされ、過去にブルーグレー色でリペイントされていたようですが、現在ではアーム部分の塗装はほとんど残っていない状態です。

シェードには頭上からも明かりが漏れだすように、わざといくつか穴を開けてカスタムしてあります。稀にこのランプと同じようにわざとシェードに穴を開けたジェルデを見ますが、個人的にはあまり好きではありません。

ベース部分にはざっくりと切れ込みが入れられていますが、何か段差のある物に固定して使われていたようです。

個人的には少々勿体無い気もしますが、元々は工業用のランプなので持ち主が使い易いようにカスタムするのが本来の正しい使い方になるのかも知れません。
posted by dai at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde 2

2012年02月11日

AUGUSTIN

dai02033.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社の吊り下げ式のペンダントランプです。
デザイナーはJean-Louis Domecqではなく不明。

昔のような金属製のタグに戻った「新しいタグ」の頃に新たにラインナップに加わった、吊り下げ式のペンダント(シーリング)ランプ、モデル名は「AUGUSTIN」です。

サイズはS(φ160x145mm)・M(φ240x210mm)・L(φ360x330mm)の3種類ですが、海外ではさらに大きなExtra Largeサイズもあるようです。

デザインはこれといった特徴も無く、余計な物を付けずに無駄を省いたような凄くシンプルな感じです。大きいサイズになると工場にぶら下がっていそうなくらいの迫力・存在感はあります。

ちなみに個人的にはMサイズが大きさ的には一番使い易いと思います。コードを少し長めにしてダイニングテーブルの真上に吊るすと良い雰囲気になります。小さいSサイズを配線ダクトレールを使って3個くらい吊るしても良さそうです。
posted by dai at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde 2

2012年02月07日

L字型ベース

dai02032.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のランプです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)の約半分の長さのショートアーム(穴から穴までが約25cm)が1本だけ付いた壁掛けタイプのジェルデランプです。

オリジナルの元の塗装は剥がされ、やや粗めの艶消しにポリッシュしてカスタムしてあります。

ベース部分には「壁用のパーツ」のなかでも珍しい、以前コチラで紹介したものと同じL字型のベースが付けられています。

このL字型のベースは初めから下側にコードを通す為の穴が開けられているなど、壁掛けのWall Lampとして使うには実によく出来ているパーツだと思います。もちろんご覧のように机などに固定して使うことも出来ますが、ベースがL字型ゆえにやや不自然な感じに見えると思います。

ちなみに個人的には壁掛けタイプのジェルデはアーム無しよりも、このランプと同じでショートアームを1本だけ付けた方が使い勝手も良く、見た目のバランスも良いと思います。

普通の長さのアームが1本よりもショートアーム1本の方がアームが短い分シェードが大きく見えて、少しぽってりとした可愛らしい感じになります。
posted by dai at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde 2

2012年02月03日

角度調整時の注意

dai02031.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のFloor Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)が6本付いた、ジェルデのフロアランプです。ベース部分には王道のブレーキディスクを付けてカスタムしてあります。

オリジナルの元の塗装は剥がされ、やや中途半端な半艶?にポリッシュされています。元々はピカピカの鏡面にポリッシュされていて、経年により表面がくすんで艶が無くなっているのかも知れません。

アームが6本も付いていると見た目もかなり豪華になりますが、そのぶんランプ自体の重さも増えるのでアームの角度調整がし難くなるのが欠点です。間接部分のボルトが緩んでいるとランプが倒れ掛かってきたりする恐れもあるので注意が必要です。角度調整する場合にはランプを横に寝せて下のアームから固定していくのが無難です。

ちなみにボルトやワッシャー類は古いジェルデと同じですが、スイッチのみ現行のジェルデと同じ黒いスイッチが付いています。タグも古い金属製のプレートタグではなくシールタイプだったようで、現在はタグが剥がれて無くなっています。
posted by dai at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde 2
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。