2012年07月28日

真鍮と銅

dai02080.jpg

アメリカの『FARIES FIXTURES』社のDesk Lampです。
たぶん1920〜30年代頃のものだと思います。
モデルナンバーは1012。

以前コチラでも紹介した「FARIES FIXTURES」社のデスクランプ「1012」モデルです。

素材はBrass(真鍮)製で、埃などの汚れはありますが半世紀以上経った現在でも経年による酸化・黒ずみがほとんどありません。

もちろん真鍮なので研磨剤で磨けば綺麗になりますが、磨いたような形跡も無くおそらく空気にあまり触れない箱などに入れた状態で長期間保存されていたランプだと思います。

ベース部分の底面のグリーンのフェルト(なかにはコルク貼りもある)や太いシルクコードも含めて、たぶんすべてオリジナルのパーツになると思います。

ちなみに「FARIES」のランプにはBrass(真鍮)製(ベース部分の裏側の錘の役割のスチールは除く)のもの多いですが、なかにはCopper(銅)製のモデルもいくつかあったようです。
posted by dai at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のLamp 

2012年07月25日

2番目に古い?

dai02079.jpg

アメリカの「Fostoria」社のMachine Lampです。
たぶん1940〜60年代頃のものだと思います。

塗装はオリジナルのもので薄いグリーン系のカラー、アームは1本で間接部分はボールジョイントタイプ、ベース部分はボルトを通す穴が2つだけの直接固定する細長いタイプです。

以前コチラで紹介したランプのロゴは転写シール?のようなタグで、たぶんFostoria社のなかでは最も古い初期のタグになると思われますが、このランプのアームにあるタグはシールタイプでおそらく2番目に古いタグになると思います。

ちなみにその次の3番目に古いタグはコチラで紹介したような「UL」文字入りの黄色のロゴで、その次がコチラのようなシルバーで赤枠・赤文字のロゴになると思います。
posted by dai at 19:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のLamp 

2012年07月21日

高機能なランプ

dai02077.jpg

古いフランスのメーカー不明のDesk Lampです。
たぶん1940〜60年代頃のものだと思います。

メーカー名は不明ですが、同じフランスの「SANFIL」「MAZDA」のデザインに近いランプだと思います。

素材はジェルデと同じスチールとアルミで、本来は塗装がしてあったはずですが現在はやや荒めの艶消しにポリッシュしてカスタムしてあります。

3本アームにベース部分はクランプ付きで、アームやベースの根元の間接部分には蝶ネジのような役割の小さいアルミのレバーが付いていて、好みの位置でしっかりと固定することができます。

ちなみにベース部分(クランプの上部)は真横に360℃回転でき、間接の可動部分も多いのでとても高機能なランプ だと思います。
posted by dai at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のLamp 

2012年07月19日

変わったランプ

dai02076.jpg

古いフランスのメーカー不明のDesk Lampです。
たぶん1970年代頃のものだと思います。

2本アームの普通のデスクランプに見えますが、実はちょっと変わった作り(構造)のランプです。

上部の黒いシェードとハンドルは取り外しが可能で、アームにシェード(ハンドルを含む)を差し込んだ状態では普通のデスクランプとして使え、アームからシェードを取り外すとTrouble Light(作業灯)にもなるので2種類の使い方ができます。

間接部分には蝶ネジが付いていて好みの位置でしっかりと固定できるなど、見た目・デザインよりも機能性を重視して作られたランプのようです。

ちなみにシェードにはジェルデと同じようなランプカバー(レンズカバー?)が付いていて、電球の明かりを拡散できるようになっています。
posted by dai at 19:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のLamp 

2012年07月14日

船舶用のランプ

dai02075.jpg

フランスのメーカー不明のWall Lampです。
たぶん1950年代頃のものだと思います。

以前コチラなどでも紹介したメーカー不明のカプセル・ランプです。

ラインの入ったガラスシェードにスチールのガード、土台のベース部分もスチールでキャストアイアン製だと思われます。

オリジナル元の塗装は剥がされ、薄く「黒染め」されているようで、重厚感のある金属らしい質感が出ていると思います。

ちなみにこの手のランプはガラスシェードと土台(ベース)の間にゴムのシールド(ゴムパッキン?)が付いているものがほとんどで、本来は防水・防塵設計の船舶用のランプとして作られていたようです。

防水性があるので外壁などにも使われていたりしますが、古いカプセル・ランプはゴムのシールドが退化・又は欠品しているものも多いので注意が必要です。
posted by dai at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のLamp 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。