2013年01月31日

艶引け

dai02120.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のFloor Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)が5本に、ベース部分には王道のブレーキディスク(黒染め)を付けてカスタムしてあるジェルデのフロアランプです。

オリジナルの元の塗装は剥がされピカピカの鏡面にポリッシュ、若干艶引けしているのは上塗りにクリアが吹かれているからだと思われます。

鏡面にクリア塗装をすることで、無垢の時の輝きに比べ1〜2割りほど艶引きしますが、個人的にはこの独特なヌメっとした光沢も雰囲気があって良いと思います。

ちなみに古い金属製のタグは「歴代タグ」の中断・右側と同じで青タグが付いていますが、タグを留めている両端にあるリベットが綺麗な半球状で過去に付け替えられたタグだとわかります。
posted by dai at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde 2

2013年01月26日

もらい錆び

dai02119.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のDesk Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)が2本付いた、シンプルなジェルデのデスクランプです。

塗装はオリジナルのもので、古いジェルデでたぶん一番多い薄いグリーン系のカラー「Green water」です。

経年による錆びや焼けなどの変色・汚れなどで状態は決して良いとはいえませんが、ある意味凄い雰囲気になっていると思います。

やはりスチール部分(シェードやアームの棒部分)の錆びが酷いようですが、シェードの首部分の間接(アルミ)部分にも「もらい錆び」が付着しています。

本来アルミには茶色の錆びは発生しませんが、これは「もらい錆び」と言われるもので、スチール部分の錆びがアルミに付着して茶色の錆びが出ている現象です。

ちなみに普通のベース(3箇所にボルトを通す穴のある)の下には、以前コチラでも紹介した「コードを通す穴が開いたベース」が付けられています。
posted by dai at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde 2

2013年01月17日

オリグリ

dai02118.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のDesk Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)が2本付いたシンプルなジェルデのデスクランプです。

塗装はオリジナルのもので古いジェルデで一番多い薄いグリーン系の色(Green water)ではなく、以前紹介したダークグリーンと同色で、おそらく現行にもある「Olive green」になると思われます。

タグは金属製のプレートタイプではなく、以前コチラで紹介した下段・左側と同じもので「Jielde FRANCE」とだけ書かれたとてもシンプルなシールタイプのタグです。

この珍しいシールタイプのタグが付いたジェルデは通常の「Green water」ではなく、「Olive green」色のものが多いようです。

ちなみにグリーン系の色では現行には明るめの「Apple green」という色があります。
posted by dai at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde 2

2013年01月13日

双頭

dai02117.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のランプです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

以前コチラでも紹介した一つのベースに関節部分がある2つある珍しいベースが付いたランプです。

オリジナルの元の塗装は剥がされ、やや粗めの艶消しにポリッシュしてあります。

古い金属製のタグは「歴代タグ」の上段と同じでシェルデ初期の緑タグになりますが、タグの両端にあるリベットが大きいのであとから付け替えられたタグであることがわかります。

ちなみにこのベースは一つのベースからアームを2本出せたりできる優れもの(?)ですが、なかには溶接やロウ付けなどで本物そっくりに自作されたベースもあるようです。

現行品にはこのベースが付いたモデルもありますが、昔からこのベースがあったのかどうかは未だに不明です。
posted by dai at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde 2

2013年01月04日

黄ばみ・変色

dai02116.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のDesk Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)が2本、ベース部分にはクランプが付いたタイプで、現在日本で販売されている現行の「Loft」と同じ仕様のランプです。

塗装はオリジナルのもので古いジェルデでたぶん一番良く見る薄いグリーン系のカラー「Green water」ですが、シェードのみが経年による黄ばみ・変色で若干色味が違って見えると思います。

もしかするとシェードのみ別のジェルデから移植されたものになるのかも知れません。

ちなみに古い金属製のタグは「歴代タグ」の中段・左側と同じで黒いタグになります。
posted by dai at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde 2
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。