2013年11月06日

LYHNE

dai02147.jpg

古いアメリカの「LYHNE」社のDesk Lampです。
たぶん1910〜20年代頃のものだと思います。

以前コチラでも紹介しましたが、キャストアイアン製のベースの裏側に「LYHNE」とあり、メーカーは不明でしたが「LYHNE」社のランプになるようです。

特徴的なのがシェードに被さるように付けられた盾(シールド?)で、角度を調整することで光量や明かりのあたる角度を自由に変えることができるようになっています。

とても古い1910〜20年代のランプですが、本来は手元のみを照らす仕様で作られたランプになるようです。

古いカタログには読書・勉強をする人のイラストが描かれており、顔(目)には光が当たらずに手元のみに光があたっています。おそらく眩しくなくて良いでしょう的な事だと思います。

ただ現在でこの仕様のランプがほとんど普及していない事から、そこまで重要視するほどの仕様ではなかったのかも知れません。デザイン的にはおもしろいランプだと思います。



posted by dai at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のLamp 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379537273
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。