2007年08月13日

Jielde 電球について

dai086.jpg

dai085.jpg

dai084.jpg

現行のJieldeは普通のネジ込み式の電球が使えます。

ですが古いJieldeでソケット自体を交換していない物は特殊な口金形状をしているのでそれに合った電球が必要になります。

このランプの口金形状は「アンティーク電球」または「海外球」と呼ばれ、Jieldeに限らず古いヨーロッパのアンティークランプなどに広く使用されています。

日本では普通の電気店などでは手に入りにくいですが、東急ハンズや一部のWEBSHOPで今でも購入することができます。

電球の形もいろいろあります。

アサヒ クリヤーランプ 海外口金 PS55 B22D 110V-40W(C)
アサヒ シャンデリア電球 海外口金 C37 B22D 100/110V-40W(C)
アサヒ ボールランプ 海外口金 G50 B22D 100/110V-40W(C)






posted by dai at 16:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。