2014年03月11日

黒+鏡面

dai02157.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のWall Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

アーム無しのシンプルな壁掛けタイプのジェルデ・ランプです。

オリジナルの元の塗装は剥がされ、スチールのシェードのみ「黒染め」、間接やベースのアルミ部分はやや中途半端に鏡面にポリッシュされています。

アルミ部分の「表面の凸凹」のスジ・巣穴や傷などが残っている部分があり、そのままバフを掛けて無理矢理光沢を出してある感じです。

アルミはスチールと比べると磨き易く、ある程度磨いてバフを掛ければ鏡面になります。但し個人的には細かい傷も消して、尚且つ面出しをしてこそ本当の鏡面だと思います。

3箇所にボルトを通す穴のある普通のベースの下には自作の丸いベースを付けてカスタムされていますが、同じアルミでもこちらは鏡面にはポリッシュされていません。

ちなみに古い金属製のタグは「歴代タグ」の中段・左側と同じ黒タグですが、タグの両端にあるリベットが潰れ、タグの位置も上下逆さまなので付け替えられたタグだとわかります。
posted by dai at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde 2

2014年01月14日

短っ!

dai02154.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のDesk Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

オリジナルの元の塗装を剥がしてメタル剥き出しにカスタムされたジェルデ・ランプです。

右側の2つが普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)の約半分の長さのショートアーム(穴から穴までが約25cm)が1本だけ付いたオリジナル。

左側がオリジナルではない、アームの棒部分(スチールのパイプ)をショートアームのさらに半分位短く切断して自作・カスタムされたものになります。

海外では元のアームの長さを変えてカスタムするお店(業者)がいるようで、また精巧な古い金属製のタグのレプリカなどもあり、最近ではどれが本当のオリジナルなのかわからなくなってきているのが現状です。
posted by dai at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde 2

2013年12月28日

カラフル!

dai02153.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のDesk Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)が2本付いた、シンプルなジェルデのデスクランプです。

オリジナルの塗装を剥がした部分や上塗りによるリペイント、塗装の剥がれや経年による錆びなど、新品では決して出すことのできない独特な雰囲気があります。

同じグリーンでもシェードとベースでは色味が違い、おそらくどちらもオリジナルの「Green water」「Olive green」ではないリペイントされた色だと思われます。

ちなみに2本アームのうち1本は曲がってしまっています。どちらのアームも塗装が残っておらず、リペイントもされていないので、アームのみあとから別のジェルデから移植した可能性もあると思います。
posted by dai at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde 2

2013年12月19日

シルバー+剥き出し

dai02152.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のDesk Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)が2本付いた、シンプルなジェルデのデスクランプです。

3箇所にボルトを通す穴のある普通のベースの下には、ブラックに塗装された王道のブレーキディスクを付けてカスタムしてあります。

塗装を剥がしてメタル剥き出しにカスタムしてある、ありきたりなランプのように見えますが、実はスチール部分(シェード・アームの棒部分)のみシルバーに塗装されていて、アルミ部分(間接・ベース)は塗装を剥がして艶消しにポリッシュされています。

おそらく錆防止のためにスチール部分のみ塗装されているのだと思いますが、クリアではなくあえてシルバーに塗装されているものは意外と珍しいのかも知れません。

ちなみにジェルデの母国であるフランス人がカスタムしたものなのか、黒タグの周りにはシルバーの塗料が付いていたりします。
posted by dai at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde 2

2013年12月02日

曲がったアーム 2

dai02150.jpg

フランスのジェルデ(Jielde)社のDesk Lampです。
デザイナーはJean-Louis Domecq。

普通の長さのアーム(ボルトを通す穴から穴までが約40cm)が2本付いた、シンプルなジェルデのデスクランプです。

塗装はオリジナルのもので色味は若干違って見えますが、古いジェルデでたぶん一番多い薄いグリーン系のカラー「Green water」になります。

珍しいのがアームの曲がり具合で、以前コチラで紹介したランプは故意にアームを曲げてカスタムしてありましたが、このランプのようにここまで自然に(?)曲がりくねったアームは意外と珍しいのかも知れません。

ちなみに以前コチラで紹介したのがオリジナルのカーブ・アームです。何年も欠品していたようですが、現在「PACIFIC FURNITURE SERVICE」さんに在庫があるようです。
posted by dai at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jielde 2
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。