2013年07月20日

GRAS or RAVEL

dai02137.jpg

フランスのGRAS/RAVELランプです。
モデルナンバーはN°202。
刻印は???。

スタンダードな「N°1054」シェード、ベース部分は3箇所に穴の開いたネジで直接固定するタイプです。

まるで土の中にでも埋まっていたような雰囲気ですが、間接部分の刻印が薄くて GRAS か RAVEL の判別が付かない状態です。

塗装の状態からするとオリジナルのものがほとんどで、間接部分など所々を研磨・タッチアップがされているようですが、いずれにしもかなり古い塗装だと思います。

真鍮のソケットは黒ずみもなく、オリジナルのものからON/OFFを切り替える「摘み」のない比較的新しいタイプのソケットに交換してあるようです。

ちなみに以前コチラで紹介した古いカタログのイラストにはソケットに「摘み」は付いていません(描かれていません)。
posted by dai at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | GRAS RAVEL

2012年10月27日

もう少しで100年

dai02104.jpg

フランスのGRAS/RAVELランプです。
モデルナンバーはN°205。
刻印はGRAS。

スタンダードな「N°1054」シェードに重厚感のある三角ベースが付いた「N°205」モデルです。

オリジナルの塗装の上から所々リペイント(上塗り)されているようですが、凹み易いアルミのシェードも綺麗な方で、およそ90年以上前(?)のランプとしてはとても良い状態だと思います。

少し気になるのがシェードの内側で、本来アルミ剥き出しのはずですが白色にペイントされています(もちろんこれは元の状態に戻すことは可能)。

あとは間接部分の刻印が幾度か重ね塗りをされたことにより、文字が所々薄くなってしまっています。

元々GRAS/RAVELの刻印自体があまり深く彫られていないのもありますが、経年による錆びやペイントでの塗り重ね・研磨のし過ぎなどで全ての文字が綺麗に読めるものは意外と少ないようです。

ちなみに刻印の文字の薄れがペイントによる重ね塗りだと判断さえできれば、剥離剤で塗装を除去・リペイントで文字が綺麗に読めるようになることもあります。
posted by dai at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | GRAS RAVEL

2012年03月23日

黒い復刻版

dai02044.jpg

フランスのGRAS/RAVELランプです。
モデルナンバーはN°205。
刻印はGRAS。

スタンダードな「N°1054」シェードに重厚感のある三角ベースが付いた「N°205」モデルです。

シェード以外の塗装は過去にわざと剥がされているようで、所々中途半端に黒の塗装も残っていますが経年により錆びが出始めています。

アームやベースはスチール製でシェードは錆びに強いアルミ製、素材のことを考えると普通は錆び易いスチールの塗装を残すのですが何故か逆になっています。

ちなみに以前コチラでGRAS/RAVELランプの復刻版が発売されていると紹介しました。その時は全てのモデルにメッキ加工(一部分に黒い塗装)がされていましたが、いつのまにか黒い塗装だけのモデルも販売されているようです。

この「N°205」モデルの復刻版はテーブルランプ (205BL-SAT)、何故かシェードだけを赤く塗装されたテーブルランプ (205BL-RED)も販売されています。定価が7万円前後でソケットの口金や刻印の違いなど完璧な復刻では無いにも関わらず意外と人気があるようで、モデルによっては品切れのランプもあるようです。
posted by dai at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | GRAS RAVEL

2012年01月20日

N°205 改?

dai02027.jpg

フランスのGRAS/RAVELランプです。
モデルナンバーはN°205。
刻印はRAVEL。

アームやベースの形からおそらく「N°205」モデルと思われますが、シェード+ソケットを別の古いランプから移植してカスタムしてあるランプのようです。

現在は斜めにカットされたような流線型のアルミシェードが付けられていますが、オリジナルではスタンダードな「N°1054」シェードが付いていたと思われます。

シェードの頭(実際にはソケット)には持ち運びし易いようにかリングがあり、見た目のアクセントにはなっていると思います。

オリジナルのものでもソケットにスイッチ(摘み)が付いていないタイプもあったようですが、やはりこの部分にスイッチがあった方が使い勝手は良いと思います。

ちなみにソケットにスイッチが付いていないタイプには、以前コチラで紹介したようなコードの途中に中間スイッチが付けられていたと思います。コンセントから電源ブラグを抜いてON/OFFを切り替えていたとは考え難いのですが詳しくは不明です。
posted by dai at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | GRAS RAVEL

2011年07月03日

N°310

dai01973.jpg

フランスのGRAS/RAVELランプです。
モデルナンバーはN°310。
刻印はGRAS。

GRAS/RAVELランプのなかでもこの「N°310」モデルは少し変わった珍しいランプになります。

普通のGRAS/RAVELランプのアームは縦方向にしか角度調整ができませんが、この「N°310」モデルはアームの2箇所を横に360℃回転させることができるようになっています。

シェードはスタンダードな「N°1054」で、ベース部分は3箇所にボルトを通す穴のある直接固定するタイプです。ジェルデとは違いベースの側面には最初からコードを通す為の半円の溝も彫られています。

ちなみに以前コチラで紹介したランプはオリジナルのもので間違いないようで「N°311」モデルになります。「N°311」モデルの場合はアームの3箇所を横に360℃回転させることができます。
posted by dai at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | GRAS RAVEL
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。