2010年04月18日

Bauhaus Clock

dai01809.jpg

古いドイツのWall Clockです。
たぶん1940年代頃のものだと思います。

以前コチラで紹介した掛け時計はアメリカ最古の量産機械時計メーカーとして名高いセス・トーマス(Seth Thomas)社のものでしたが、この掛け時計は有名なメーカーではないようですが古いドイツのものになります。

たぶんオリジナルの状態では塗装がされていたと思いますが、現在はJieldeのカスタムのようにアルミ剥き出しにされています。

ムーブメントはクォーツ(電池式)のものが多いですが、この掛け時計はコードが付いた電気式なので使い勝手はあまりよくありません。

ちなみにムーブメントはオリジナルのドイツ製なので周波数が50Hzです。日本では東日本で使えます。もちろん西日本(60Hz)でも使えはしますが時間が進むので実用性はありません。
posted by dai at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2009年09月21日

Nagel COPPER

dai01716.jpg

ドイツの『Nagel』社のキャンドルホルダーです。
たぶん1960〜70年代頃のものだと思います。
デザイナーはCeasar Stoffi。

以前コチラでも紹介した、『Nagel』のヴィンテージ・キャンドルホルダーです。

以前のものは『Nagel』のなかでは比較的によく見るクロームメッキのタイプでしたが、これは珍しいCOPPER(銅メッキ)のタイプになります。

クロームメッキのタイプは表面が曇るだけで味が出にくいですが、このCOPPER(銅メッキ)のタイプは黒っぽく変色したりして、経年によるいろんな表情を楽しむことができます。

ちなみにスタッキングできるキャンドルホルダーは『Nagel』社の他に、もちろん形・デザインは違いますが、同じドイツの『Hammonia Motard』社のものがります。『Nagel』社と並び当時は有名なメーカーだったそうです。
posted by dai at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2009年08月01日

HOUSE OF FER TRAVAIL

dai01691.jpg

東京・中目黒にあった『IRONGENIC(アイアンジェニック』が世田谷に移転して、店名も新しくHOUSE OF FER TRAVAIL (フェール トラヴァイユ)に変わっています。

フランスやイギリスの無骨でカッコ良いインダストリアル家具を中心に、変わった物(?)では古い本をリトグラフにコラージュして額装したものなどが販売されています。

フランスの工場で実際に使われていた古い機械の脚と古材を使用して製作(リメイク)されたテーブルなど、贅沢なオーダーもできるようです。

ちなみにフランスのSANFIL J.L. PARISのランプが現在入荷しているようですが、元の塗装は剥がされて使い込まれた感じや風合いを残した程好いリペアがされています。

リメイク、エイジング加工の技術が本当に素晴らしいです。

HOUSE OF FER TRAVAIL (フェール トラヴァイユ)【HP】
東京都世田谷区世田谷1-20-10
TEL. 03-5477-6730
open 11:00-20:00 | close on mondays
posted by dai at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2009年07月19日

オルネ ド フォイユ

dai01683.jpg

東京・渋谷区の青山学院大学の近くにある、パリ郊外の一軒家をイメージしたインテリアショップ『Orne de Feuilles(オルネド フォイユ)』。

パリ在住のオーナーがフランスにこだわって集めた、アンティークの家具やインテリア雑貨、ファッション小物などを主に取り扱っているお店です。

家具や雑貨だけでなく、アンティークのランプや販売している所の少ない布撚りコード(白・黒・ゴールド・茶の4色)、以前コチラで紹介した古いジェルデにも使われているアンティーク電球(海外球)なども販売されています。

店内はいかにも女性が好きそうな雰囲気ですが、お店に入った瞬間からパリを感じさせるような、そんな素敵な空間を演出してくれています。

個人的にはアンティーク・ドライフラワー(フレーム入り)がお気に入り◎です。

Orné de Feuilles(オルネ ド フォイユ)【HP】
東京都渋谷区渋谷2-3-3
TEL.03-3499-0140
OPEN:12:00〜19:30
日祝12:00〜19:00/月定休
posted by dai at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2009年02月26日

TOMADO Wall Shelf

dai01610.jpg

オランダ(Holland)の「TOMADO」社のWall Shelfです。
たぶん1950〜60年代頃のものだと思います。

黒いスチールのフレームとチークの棚板で作られた壁に直接固定するタイプのシェルフです。

棚板には金具が付いているので好きな位置に固定(のせるだけ)でき、同じ物がもう一つあれば横にも連結が可能です。とてもシンプルなウォールシェルフですが、機能的でよく考えられて作られていると思います。

ちなみに「TOMADO」社には、ウォールシェルフ以外にも普通のシェルフもあり、また個人的には好みではないのですが、棚板が赤・白・黄色などのカラフルなスチール製のものもあります。
posted by dai at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。