2012年09月09日

カンデム 571

dai02090.jpg

ドイツのカンデム(Kandem)社のDesk Lampです。
デザイナーはMarianne Brandt/Hin Bredendieck。
モデルナンバーはNr.571

以前コチラでも紹介した、1924〜25年の間に製造された「Nr.571」モデルです。たぶんKandem社のなかでも初期の頃のランプになると思われます。

塗装はオリジナルのもので、シェードがダークグリーン・アームとベースがブラウンのツートーン・カラーになります。経年による焼けや錆びがあるので全体的に黒っぽく見えますが、ベースの裏側には綺麗なブラウン色が残っています。

アームがシェード付近で二股にわかれていて、アームの両端からシェードを固定、釣り鐘(?)のようにみえるのが特徴です。意外と壊れやすいスイッチの摘み(ベークライト?)もオリジナルのもののようで、元々はたぶん白色だったようですが、経年によりクリーム色に変色しているのも良い雰囲気だと思います。

ちなみにベース部分の裏側にはKandemではなく「K&M 8372」の刻印があります。
posted by dai at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Kandem

2010年09月25日

好きな色

dai01875.jpg

ドイツのカンデム(Kandem)社のDesk Lampです。
デザイナーはMarianne Brandt/Hin Bredendieck。
モデルナンバーはNr.1115(?)。

以前紹介した「Nr.1115」とたぶん同じモデルだと思います。

以前紹介したランプはベースのガラス自体が黒いとても珍しい黒ガラスでしたが、このランプはクリア(透明)で内側から塗装がしてあります。

塗装はたぶんオリジナルのものでジェルデランプでいうと「Granite Gray」に近い色です。青みがある灰色(?)で個人的にはとても好きな色です。

ガラスベースは結構厚みがありますが、経年によりクラックがあったり割れてしまっているものもあります。特にコードが出ている溝の付近が割れているものが多いようです。

ちなみにガラスベースは内側から塗装されたものが多いですが、ガラスと塗料の密着が悪いため塗装が剥がれてしまっているものがほとんどです。このランプもガラスベースだけは過去にリペイントされているかも知れません。
posted by dai at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Kandem

2010年06月18日

白いカンデム

dai01833.jpg

ドイツのカンデム(Kandem)社のDesk Lampです。
デザイナーはMarianne Brandt/Hin Bredendieck。
モデルナンバーはNr.573。

以前コチラでも紹介したことがある、Kandem社の573モデルのDesk Lampです。

オリジナルの塗装の上からリペイントされていますが、普通のスプレー類ではなくアンティーク家具などにも使われるバターミルクペイントなどでラフにハケ塗りされているようです。

刷毛の跡なども残っていて所々ペイントも剥がれていますが、こういった仕上がり(シャビー?)は男性よりも女性に人気があるのかも知れません。

オリジナルはシェードの脇に捻るタイプのスイッチが付いているのですが、樹脂製(ベークライト?)の摘みは意外と壊れ易い部分で、現在はソケットごと交換されているようです。

ちなみにソケットに摘みのあるスイッチが付いたタイプで壊れた場合は、似たような形状のアンティークのソケットを探すしかありませんが、対策としてはコードに中間スイッチを付ければ普通に使うことはできます。
posted by dai at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Kandem

2010年05月18日

Nr.1115 リペイント

dai01821.jpg

ドイツのカンデム(Kandem)社のDesk Lampです。
デザイナーはMarianne Brandt/Hin Bredendieck。
モデルナンバーはNr.1115。

以前何度か紹介した「Kandem Nr.1115」と同じモデルで、ベース部分が厚いガラスで作られているのが特徴です。

このランプはオリジナルの塗装ではないようで、シェードとアームはブラックにベース部分の内側がホワイトに再塗装されているようです。

ベース部分は元はクリアガラスなので、塗装を剥がしてスケルトン仕様(?)にした方がこのモデルの良さがでるのかも知れません。

ちなみに「Nr.1115」のオリジナルの塗装はコチラで紹介したようなグレーが混ざった薄いブルー(?)のものが多いようです。ジェルデ・ランプでいうと「Granite Gray」に近い色だと思います。
posted by dai at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Kandem

2010年05月06日

Kandem 小さいランプ

dai01816.jpg

ドイツのカンデム(Kandem)社のDesk Lampです。
デザイナーはMarianne Brandt/Hin Bredendieck。
モデルナンバーはNr.702

以前コチラで紹介したカンデム(Kandem)社のランプも小さいものでしたが、このランプも小振りで可愛らしいデザインです。

Kandem社のランプのなかでも初期の頃のモデルのようで、1920年代後半にデザインされたランプになるようです。

本体のカラーはたぶんオリジナルのものだと思いますがクリーム色(?)で、元々はホワイトで経年により変色したものなのかも知れませんが詳しくは不明です。

大きさ的には普通のDesk Lampとして使うには小さ過ぎますが、棚の上やサイドテーブルにちょこんと置くと絵になるような素晴らしいランプだと思います。

posted by dai at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Kandem
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。